意外とシンプルな太陽光発電のしくみ

今にわかに注目を浴びてきた太陽光発電ですが、意外とそのしくみはあまり知られていないのではないでしょうか?
太陽光の熱を電力に変換すると思っている方は多そうですが、実はそうではなく光を電気に変えているのです。
具体的に言いますと、シリコン等で作られたらエネルギー変換器に太陽の光が当たることで、日射強度に比例して発電することができます。
これは光電効果と言うのですが、LEDに電流を流すと発光する逆の話だと思えば分かりやすいでしょう。
N型とP型のシリコン接合面に光が当たることで、プラスマイナスそれぞれの電荷をもった正孔が発生し、電子はn型、正孔はp型の半導体へ引き寄せられて電流を発生するのです。
ちなみに光の強度が強い程、電流の大きさは増大していきますので、晴れの日ほど発電できる反面、曇りの日は発電量が少なくなります。
また、太陽光発電システムで作られた電力は直流なので、パワーコンディショナによって交流に変換しなくてはなりません。
この変換器を通して家中の様々な電化製品に電気を配ることになるわけですが、消費電力を上回った分は電力会社が買い取ってくれるので一石二鳥です。
以上、太陽光発電のしくみを簡単に説明しましたが、その日の天気によって発電量が大きく左右されることがよく理解できたのではないでしょうか?
もしシステムを導入したら、毎日天気予報が気になって仕方なくなるかもしれませんし、雨の日は今まで以上にガッカリするかもしれません。
そもそも太陽光発電の普及を拡大させる切っ掛けとなったのは環境問題や自然災害だと思いますが、日々の電力供給という形で今まで以上に自然への意識が高まっていきそうです。
まだまだ石油に頼らざるを得ない状況は続きそうですし、もしかしたら原子力発電所もいくつか稼働を再開するかもしれません。
しかし、どれを選ぶことが最善の道なのかは国民が一番よく分かっている筈なので、いずれ不要なものは淘汰されてより安全・安心なエネルギーが生き残っていくことを信じています。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>

« Previous Entries